韓国生まれの陶磁器作家です。お茶と温泉の町嬉野のスタジオで普段使いの器を展示・販売しています。

眞珠陶磁器工房(진주 도자기 공방.)眞珠陶磁器工房(진주 도자기 공방.)

LinkIcon / LinkIcon

studio

std1.jpgkobo2.jpgaterier2.jpgtop2.jpg

HOME > information

2人展のお知らせ(岩田屋本店)

2017.5.22

7/5(水)~7/11(火) 岩田屋本店(福岡天神)新館6階 ザ・ギャラリーにて 私、盧 眞珠と長崎の陶磁器作家 中原真希さんの2人展 を開催致しますので、福岡近辺にお住いの皆様、是非この機会にご覧頂きますようお願い申し上げます。

岩田屋本店新館6階 フロアガイド岩田屋本店新館6階 フロアガイド

『ART JEJU 2017』に参加します。

2017.5.22

7/13(木)~7/16(日) 済州島にて開催される『ART JEJU 2017』に参加します。
済州特別自治道文化観光芸術の島で昨年始まったアートフェア済州は今年で第二回目を迎えます。
公式サイト http://www.artjejukorea.com/

アートフェア済州 写真ART JEJU 2017

展示会のお知らせ(岩田屋本店)

2016.10.6

10/19(水)~10/25(火) 岩田屋本店(福岡天神)新館6階にて 北部九州 女流作家展 が開催されます。
眞珠陶磁器工房の作品も出展、販売致しますので、福岡近辺にお住いの皆様、是非この機会にご覧頂きますようお願い申し上げます。

岩田屋本店イベントインフォメーション岩田屋本店イベントインフォメーション

『2016めし碗グランプリ展』磁器部門優秀賞を頂きました。

2016.10.4

長崎県波佐見町にて2006年より行われている 『めし碗グランプリ展』 にて磁器部門優秀賞を頂きました。
毎年全国より沢山の方が応募されていますので、大変嬉しく思っています。
作品名 弦-流れ星

こちら↓で全受賞作品がご覧頂けます。
2016めし碗グランプリ展 http://meshiwangp.com/2016award.html

2016めし碗グランプリ展2016めし碗グランプリ展

作品販売について

2016.7.28

ほんの僅かですが、HPをご覧の皆様に販売できる作品をご用意できました。
ご希望の方はメールフォームにてお問合せ下さいますようお願い致します。

牡丹紋染付小皿牡丹紋染付小皿線彫り象嵌長角小皿線彫り象嵌長角小皿レースタタラ長角皿レースタタラ長角皿

作品の説明はこちらをどうぞ>>>

『佐賀やきもの巡り』で紹介して頂きました。

2016.7.20

ニュースただいま佐賀 『佐賀やきもの巡り』で紹介して頂きました。
今年2月の取材でしたので、随分時間が経ってしまいましたが宜しければご覧ください。

作陶、絵付けの様子や作品の紹介、眞珠陶磁器工房やギャラリーペクパソンについても熱心に取材して下さいましたので、約8分ほどの動画に編集されています。

第113回 有田陶器市出店のお知らせ

2016.4.25

GWが目前に迫ってまいりました。今年の有田陶器市では、Gallery Baekpasun前の広場にて出店致します。
下記のような “もよおし” を企画しておりますのでどうぞお楽しみに♪


陶器市 ・・・韓国人作家2名、日本人作家6名の計8名による即売会。有田陶器市初参加の新鋭磁器作家の瑞々しい作品や、他産地で学んだ陶器作家の楽しい作品など、オリジナル作品満載です。

cafe100bar ・・・作家の器を体感できる陶器市限定のカフェをオープン。日韓のお茶やお菓子をお楽しみください。軽食には「婆・bar」から連想した棒状の食べ物などをご準備しています。

ギャラリー ・・・日韓交流展として開催する展示会。オブジェから食器まで、日韓の若手作家11名の作品の中に、それぞれの国の流行や国民性を感じることができるかも。作品の一部は購入することも出来ます。

特別企画 ・・・出展作家共通の企画として、テーマ作品を100個製作販売します。今年のテーマは「おてしょ皿」それぞれの作家の個性あふれる作品をお楽しみください。



4月29日(金)~5月5日(木) 
有田陶器市期間中
場 所 : Gallery Baekpasun (ギャラリー ペクパソン)前広場
時 間 : 9:00~17:00
電 話 : 0955-25-9683
メール : info@baekpasun.com

100%リーフレット100%リーフレット

日韓陶芸家企画展のお知らせ

2016.4.6

有田陶器市期間中、Gallery Baekpasunにて日韓陶芸家企画展
百波仙~百個の波~が開催されます。
眞珠陶磁器工房も参加致しますので、どうぞよろしくお願いします。


4月29日(金)~5月5日(木) 
有田陶器市期間中
場 所 : Gallery Baekpasun (ギャラリー ペクパソン)
時 間 : 9:00~17:00
電 話 : 0955-25-9683
メール : info@baekpasun.com

韓日韓陶芸家企画展チラシ韓日韓陶芸家企画展チラシ韓日韓陶芸家企画展チラシ
日韓陶芸家企画展 作家略歴日韓陶芸家企画展 作家略歴日韓陶芸家企画展 作家略歴

NHK佐賀さん取材

2016.2.16

本日はNHK佐賀の方々が工房の取材にお越し下さいました。取材の依頼を受けたのは昨年暮れのことでしたが、工房の拡張工事やギャラリーペクパソンのオープンの準備などでなかなか時間が取れず、随分お待たせしてしまいました。
今回は、韓国をテーマにした作品を取り上げて頂き、絵付けやロクロを引く様子と自宅ギャラリーを撮影して頂きました。
放送は、2/18日(木)
NHK佐賀 “ニュースただいま佐賀” (PM6:10~7:00)の中で紹介して頂きます。
眞珠陶磁器工房は、6:30前後だそうです。ご覧頂けると幸いです。

NHK佐賀 取材の様子
NHK佐賀 取材の様子
NHK佐賀 取材の様子
染付のカップ写真
上の写真で絵付けしたものが焼き上がると、
このような作品になります。この作品は
ギャラリーペクパソンにてご購入いただけます。

ギャラリーペクパソン オープン

2016.2.14

2/11、Gallery Baekpasun(ギャラリーペクパソン)のオープニングイベントが開催されました。想像以上に賑やかなイベントとなり、多くのお客様や取材の方々にご来場頂きましたことを大変嬉しく思っています。

韓国女性陶芸家2人展も4日目を迎え、新作の染付茶碗やレースタタラシリーズが早くも品切れとなり、補充のため、展示期間中も作品づくりの方も頑張りたいと思っています。
また、ピョン・キュリさんの個性溢れる作品も見ごたえがあり、大好評です。
展示会は3月末までとまだまだ続きます。どうぞお気軽にお立ち寄りください。
*2/18(木)~3/31(木)は、月曜日休館です。

ギャラリーペクパソンオープニングセレモニー写真
ギャラリーペクパソンオープニングセレモニー写真
ギャラリーペクパソンオープニングセレモニー写真
ギャラリーペクパソンオープニングセレモニー写真

白磁シリーズ

2016.2.8

2/11からの韓国女性陶芸家2人展に向けて、只今作品づくりに没頭しております。
先月工房の作業場を拡張しましたので、これまでとすると作業がはかどり助かっています。
この度白磁のシリーズが焼き上がり、数日前にギャラリーへ搬入してきたところです。
Gallery Baekpasun(ギャラリーペクパソン)は古い民家をリノベーションした建物でちょっとした趣があります。立地条件も大変良く、道路に面した駐車場もありますのでお気軽にお立ち寄り下さいませ。
オープンまであと3日。沢山の方にお会いできますよう願っています。

白磁高台皿写真白磁高台皿
白磁どんぶり写真白磁どんぶり
白磁蕎麦猪口写真白磁蕎麦猪口

韓国女性陶芸家 2人展 のご案内

盧 眞珠 (ノ・ジンジュ) 
卞 圭里 (ピョン・ギュリ)


2016.1.18

2016年は有田焼創業400年という記念の年です。有田焼創業時に実在し、リーダー的存在として活躍した朝鮮の女性ペクパソン(百婆仙)に思いを馳せ、この度“Gallery Baekpasun”がオープンする事となりました。記念すべきオープニングイベントとして“韓国女性陶芸家 2人展”を行いますので是非お立ち寄り下さい。
2月11日(木)~17日(水)
場 所 : Gallery Baekpasun 
(ギャラリー ペクパソン)
時 間 : 10:00~17:00
電 話 : 0955-25-9683
メール : hyakubasen@iaa.itkeeper.ne.jp

韓国女性陶芸家 2人展 DM
pec02.jpg

秋の器二人展のお礼

2015.11.24

皆様のお陰で秋の二人展が無事に終わる事が出来ました。新たな出会いと課題が出来た貴重な三日間でした。
ありがとうございました。次回開催予定の春の窯開き展が楽しみです^ ^。

v1.JPG秋の器 二人展の写真秋の器 二人展の写真秋の器 二人展の写真秋の器 二人展の写真秋の器 二人展の写真

韓国TVの取材

2015.11.6

先日、眞珠陶磁器工房に韓国のお客様がお見えになりました。日韓の陶磁器に関するドキュメンタリーを撮影するためです。簡単なインダビューなのに緊張してしまいました。来年の放送が楽しみです^ ^。

韓国TVの取材の様子

秋の器 二人展 のご案内

2015.11.6

春に続き、眞珠陶磁器工房の秋の釜開き展を開催する事になりました。
今回は波佐見で素敵な作品を作っている、器工房denさんの朝長美紀さんと二人での開催です。
是非この機会にお立ち寄りください。心よりお待ちしております

11月21日(土)~23日(月)
場所:眞珠陶磁器工房
時間:10:30~17:00

futariweb.jpg

陶板が焼き上がりました!

2015.8.7

ポジャギ(韓国のパッチワーク)をイメージした陶板が焼き上がりました!
自宅工房で焼けないサイズのため、波佐見町の長崎県窯業技術センターで焼成しました。
どのように展示しようかワクワクと思案中です。

ポジャギと風呂敷について

日本に風呂敷という"包む"文化があるように、韓国にもポジャギという"包む"文化があります。
中国に文化の原点を持つ二つの国で同じように受け継がれ、やがてそれが独自の発展を遂げてきたものと思われます。
風呂敷は一枚の布であるのに対し、ポジャギは端切れを縫い合わせたパッチワークであることが多いのですが
大変興味深いのは、どちらの国も単に物を包むだけではなく、心を包む行為として昇華させたという事です。
韓国では、福を包む、思いやりや願いを込めて婚礼などの贈り物をポジャギで包んでいた一方
日本では、包むという行為が慎みの気持ちの表現であり、あからさまではなく心を包んで贈るという日本人らしい風習であるようです。
どちらも一度は忘れられようとした文化ですが、現在では実用品というよりむしろ観賞する作品として評価されることも多いようです。

spacer.gif
spacer.gif
spacer.gif
spacer.gif

眞珠陶磁器工房 陶板写真眞珠陶磁器工房 陶板写真
眞珠陶磁器工房 陶板写真眞珠陶磁器工房 陶板写真
眞珠陶磁器工房 陶板写真眞珠陶磁器工房 陶板写真
眞珠陶磁器工房 陶板写真眞珠陶磁器工房 陶板写真素焼きに色付け作業中(6月)

ズッキーニのピカタとキュウリの即席キムチ

2015.6.24

内輪でプチお料理教室をやりました。簡単なのに美味しいズッキーニのピカタとキュウリの即席キムチです♪
私の作る器とも相性抜群です。実はズッキーニ、韓国ではポピュラーな野菜でどこの家庭でもよく食べられているのです。焼きたてはもちろん冷めても美味しいズッキーニのピカタと暑い日にもポリポリイケるキュウリの即席キムチをご紹介します。

≪ズッキーニのピカタ≫

①材料は、黄色と緑のズッキーニ、玉子、小麦粉、糸唐辛子、ゴマ(写真はキムチ用まで入ってます^^;)
②ズッキーニは7㎜の輪切りにする。
③小麦粉を薄くはたき、玉子をよく撹拌しておく。(白身を切る)
④多めのオリーブ油をフライパンで熱し、③を玉子汁にくぐらせて揚げ焼きにする。
⑤味ポンにゴマ油、イリゴマを入れたタレにつけて頂きます。

spacer.gif
spacer.gif
spacer.gif
spacer.gif

≪ズッキーニのピカタ≫
624z11.jpg
624z0.jpg

≪キュウリの即席キムチ≫

①材料は、キュウリ、タマネギ(白、紫)、唐辛子粉、ゴマ、ゴマ油、さとう、魚醤、塩、お酢
②棘が多いのでキュウリの皮を薄く剥き、5㎝のスティック状に切る。
③白タマネギ、紫タマネギを千切りする。(辛みが気になる場合は空気にさらしておく。)
④切った材料をボウルに入れ、ゴマ油でしっかりコーティングする。
⑤さとう、魚醤、塩、お酢、唐辛子粉を入れしっかり混ぜ合わせ、器に盛ったらゴマを振って完成です。

*キュウリは、スーパーで売ってあるものと種類が異なり、表面が白っぽくて皺が多く、棘も多い四川胡瓜(しせんきゅうり)や四葉胡瓜(すうようきゅうり)がおススメです。皮が軟らかくて水分が出にくく味が良いと言う特徴がありこれも韓国ではよく使われています。苗が売っているので、家庭菜園で栽培されるといいですよ♪

≪キュウリの即席キムチ≫
キュウリの即席キムチの写真
624k0.jpg

第112回 有田陶器市のご案内

2015.4.16

4月29日(水)~5月5日(火)に第112回有田陶器市開催されます。
当工房も以前お世話になった“さらや”さんのスペース内に出展させて頂くことになりました。
出店場所の地図を掲載しますので参考になさって下さい。
陶器市期間中、お天気に恵まれより多くの皆様にお会い出来ますことを心より願いお待ち申し上げます。

chizu.png

YouTubeにUPしました。

2015.4.16 YouTubeにUPしました。

先日 株式会社テレビ九州さんに取材して頂きました映像は3月末に放送されました。
自分が映っている映像を見るのは何とも恥ずかしいものですが、データを頂きましたのでYouTubeにUPしてみました。
私のプロフィールや作り手としての想い、今後の抱負などをご紹介頂いていますので宜しければご覧くださいませ。

窯開きのお知らせ

2015.3.12

4月4日(土)、5日(日)に自宅工房にて窯開きを開催致します。
期間中、嬉野では色んなイベントが企画されています。
是非この機会にお立ち寄りください♪

時間は10:30~17:00 の予定です。

kamab00.jpg

テレビ九州さんに取材して頂きました。

2015.3.12

ろくろや絵付けの様子、作品などを撮って頂きました。
こういう状況で絵付けをするのはかなり緊張しました。
取材に来て下さった方は素敵な女性の方でしたが、こんなに大きな機材を使いこなして凄いな~と感心しました。来週は韓国語教室の様子も取材して下さる予定なのでまたこちらのHPでも紹介させて頂こうと思っています。
この模様は3月末ごろケーブルテレビで放映されるそうです。

tv00.jpg

源六焼の展示スペースが出来ました。

2015.1.15

私の嫁ぎ先である富永家は、源六焼という名前で明治中期より大正、昭和にかけ、当地、嬉野において活躍した窯元でした。
今回ギャラリーの一部を改装し、家に残っていた源六焼の作品を展示するスペースを作りましたので、眞珠陶磁器工房の作品と共にご覧頂ければ幸いです。


・・・・・源六焼について・・・・・

源六焼は明治21年に初代富永源六が起窯した磁器の窯元ですが、嬉野の内野山という地区は江戸時代初期より
窯業が行われてきた土地で、磁器の技術は有田や波佐見と同様、秀吉が連れ帰った朝鮮の陶工によってもたらされていました。近くにある墓地にその陶工の墓碑を見る事が出来ます。源六焼の大きな特徴は、鍋島様式を基本にした繊細な染付の中に独自に開発したピンクやグリーン、茶などカラフルな釉下の絵の具をデザインに生かしている所です。また、当時ヨーロッパで流行していたアールヌーボー様式に影響を受けたと思われるようなモダンな作品もあり、国内外の博覧会で受賞し、高い評価を受けていました。詳しくは嬉野陶磁文化研究会が発行した源六焼の作品集に記載されております。

源六焼展示スペース

源六焼大皿

源六焼図録


キムチ漬けました♪

2014.12.20

冬野菜が美味しい季節となりました。この時期各家庭で行うキムチ作りは韓国では大切な年中行事のようなものです。
今日は白菜5個分のキムチを即席用と熟成用の2種類に分けて漬けました。実家の母から送ってもらった唐辛子と魚醤が味の決め手です。

<キムチの作り方>

① 前夜のうちに白菜を縦4等分に切りまんべんなく塩をふり重しをかけておく。即席用は4,5cmのひし形に切り、3時間ほど塩漬けしておく。
② 水を張った桶で塩を洗い流し水けを切っておく。(塩分を調整します)
③ 大根、ニンジン、長ネギを刻んでおく。(細目が良いです)
④ ニンニク、ショウガ、魚醤、おかゆをフードプロセッサーにかけ、滑らかになったらボウルに移し、唐辛子パウダー、ゴマ、砂糖、塩少々を加えてよく混ぜる。(おかゆは発行を促し、野菜にからみやすくしてくれるのでもち米がベターです)
⑤ ③の刻み野菜に④のキムチの素をまぶしておく。(白菜に挟む分です)
⑥ 白菜の葉っぱ1枚1枚にキムチの素を塗り、⑤の刻み野菜もはさみながら全て塗り終わったところで一番下の葉っぱで全体をくるんで出来上がり。

4,5cmのひし形に切って塩漬けした方は即席用にお勧め。⑥で作ったキムチは3日ほど経ってからが食べごろになります。

キムチ作りkimut7.jpg

展示場のカウンター

2014.11.26

念願のカウンターが完成しました。ご来店下さったお客様や韓国語教室の生徒さんにちょっとしたおもてなしをと計画していました。
嬉野の美味しいお茶やコーヒーをいただきながらいろんな方々とお話が出来たら嬉しいです。

caunta00.jpg

工房の様子

2014.7.23

ホームページ用の撮影をしました。
プロフィール写真を撮るのは大変緊張しましたが、沢山の方々に眞珠陶磁器工房のことを知って頂きたいという思いで頑張りました^^;

自宅に併設しているスタジオは、作陶作業やショップ、またある時は韓国語教室やちょっとした集会所といった具合に私にとって大切で特別な空間なのです。
嬉野へ癒しに来られたついでにでも是非お立ち寄りください。

_DSC6305.JPG

皿板を担ぐ私

韓国語教室

2014.5.23

週に一度の韓国語教室では、にわかお茶会になることもしばしばです。
自分の作品でお茶をいただける幸せなひととき
知人や友人と過ごせる至福の時を、この嬉野というのどかな場所で共有できる事に感謝しています。


멋진 시간을 작품과 지내는
행복한시간,,
아는 분이나 친구와 보내는 즐거운
시간을, 여기 우레시노라는 평온한
곳에서 공유할수 있음에 감사합니다.

韓国語教室ご案内

場所 : 眞珠陶磁器工房 ~ 喫茶スペースにて
時間 : 毎週水曜日 10時から11時半まで(90分)
体験レッスン ~ 500円

続けて受けられる方は月額~6000円(月4回)
( 毎週来られない場合には ~ 1回 / 1500円になります )

韓国語教室韓国語教室韓国語教室にわかお茶会の様子

嬉野について

2014.7.29

山々に囲まれたここ嬉野は、全国的にもお茶の産地として有名であり、日本三大美肌の湯として知られる温泉の町でもあります。江戸時代に小倉から長崎間に整備された長崎街道には多くの宿場町がありました。嬉野宿はその中のひとつでしたが、別名「嬉野湯宿」と呼ばれ、湯治場として旅人や近隣の人々に親しまれてきたそうです。ここは長旅で疲れた体を美味しいお茶と温泉でゆっくり癒せる場所だったのです。そしてそれは今も変わらず続いています。

嬉野のお茶畑嬉野のお茶畑シーボルトの湯シーボルトの湯

*シーボルトの湯はかつての藩営浴場で、江戸参府をしたケンペルやシーボルトも利用したそうです。

inserted by FC2 system